T.学 校 の 概 要

 1、亀 井 田 小 学 校 の 沿 革
《学校の沿革》
明治 6 本校創立、地福寺内に「鷹巣学校」として創立する。
〃   9 海谷・岩ケ袋・豊田・川前が分かれ、「海谷学校」と改称する。
〃 23 亀井田農協(海谷)の所に尋常小学校を置く。
〃 28 亀井田小学校に高等科を置く。
〃 41 鷹巣学校が、大暴風雨のため破損し改築に至らず、海谷、岩ケ袋と合併し亀井田小学校に入る。
〃 42 亀井田村立亀井田小学校鷹巣分校を置く。
〃 45 鷹巣分校に尋常科6年を置く。
大正 元 現在地に校舍竣工する。
〃  9 高等科を設置し、亀井田尋常高等小学校と改称する。
〃 13 体操場を設置する。
昭和16 亀井田村立亀井田国民学校と改称する。
〃 21 校舎全焼し、全児童民家に分散して授業を受ける。
〃 23 亀井田小学校鷹巣分校を設置する。亀井田小学校校舎新築し、児童集結する。
〃 30 大石田町立亀井田小学校と改称する。
〃 39 鷹巣分校が分離独立する。
〃 42 校舎新築(鉄筋コンクリート2階建て)する。
〃 44 プール完成する。
〃 46 観察池完成する。
〃 47 学校庭園完成する。
〃 48 創立百周年記念式典
〃 49 文部省指定道徳教育研究発表
〃 50 校門より玄関まで舗装なる。
〃 53 体育館よりプールまで舗装なる。大石田町教育委員会委嘱算数科公開研究発表
〃 55 家庭科実習室完成する。
〃 57 体育館床張り替え工事完了
〃 58 創立110周年記念式典挙行
〃 59 相撲場を改築する。
〃 60 大石田町教育委員会指定国語科公開研究発表
〃 61 60、61年の2年間、「わんぱく広場」を開校する。
〃 62 体育館新築落成と記念式典挙行
〃 63 グランド整備拡張、100mコース設定
平成 元 ビニルプール張り替え。校舍屋根3分の1ふき替え。
〃  2 元年、2年の2年間、祖父母学級の指定を受ける。
〃  3 校舍屋根ふき替え。3年計画事業全部完成する。
〃  4 大石田町教育委員会指定算数科公開研究発表
〃  5「大石田町ふるさと広場」の指定を受ける。
〃  6 2階の各教室のPタイルの張り替え。
〃  7 1階の各教室のPタイルの張り替え。「にこにこハウス」完成
「明るく楽しい学校づくり実践校」の研究委託を受ける。(3カ年)
〃  8「学童生徒ボランティア活動普及事業協力校」の指定を受ける。(3カ年)
〃  9 集落排水事業東トイレ改修。ビニルプール張り替え。
〃 10 東北PTA協議会長賞を受賞する。
〃 12 大石田町教育委員会指定研究(1年次)
〃 13 大石田町教育委員会指定研究公開研究発表(2年次)生活科・総合的な学習の時間
家庭科教室改修工事
〃 14「山形県優良PTA表彰」 「山形県学校安全優良学校表彰」
「山形県共同募金功労者表彰」 「地区交通安全優良校表彰」を受賞
〃 15 創立130周年記念事業を行う。
「学校保健・学校安全文部科学大臣表彰」「中央募金会表彰」を受賞。
〃 17体育館屋根塗装


《学区の概要》

亀井田小学区は、大石田町大字海谷、岩ケ袋の2地区からなり、農村地域である。
本校は、JR大石田駅より約3km北寄りにあり、車では10分の所に位置している。
この地区でも専業農家は少なくなり、兼業農家が増えている。主婦の多くは近くの工場に勤めている。
農産物としては、米作のほか、西瓜、加工トマト、煙草が主なものである。
  地区民の学校教育に対する関心は高く、何事にも協力的である。